「学校開放事業」のお知らせ

スポーツ   

概 要

1 開放する学校施設  
  原則として体育館

2 開放施設の活動
  利用できる活動開放する学校施設 
  バレーボール・バスケットボール・バドミントン・その他

3 利用者   
  原則として、地域の住民、障害児・者関係団体及び本校児童生徒の保護者、卒業生等の学校関係者の団体

  ☆事前に「利用登録申請」を行い、校長から受理された団体です。

4 開放日時について
  日曜日の①9時から12時、②13時から16時まで

5 利用の手続きについて

 ●開放施設利用までの流れ

 ①学校施設を利用したいことを電話で連絡(046-292-5612)来校する日時を決めます。

 ②来校    
  事前に「施設利用申請書(様式1)」に必要事項を記入の上持参し、提出してください。
  「神奈川県立えびな支援学校 学校開放施設利用規則」お渡しいたしますので必ずお読みください。
  ※様式はダウンロードしてご使用ください。

 ③えびな支援学校長が受理後、電話で学校より連絡します。

 ④「施設利用者名簿(様式2)」「施設利用申請書(様式3)」を提出してください。
      ・施設利用申請書(様式3)9月分
      ・施設利用申請書(様式3)10月分
  ※利用希望日の前の月の初日から7日までに申し込みしてください。(郵送または持参)


 ●当日の動き

 ①施設利用初日に、「施設利用承諾書(様式4)」をお渡しいたします。
  利用日には、施設管理員から鍵と「学校施設報告書(様式5)」を受け取ってください。

 ②利用後、「学校施設報告書(様式5)」を記入の上、施設管理員へお渡しください。

 ③損傷、損壊、滅失等があったときには、「施設、設備破損届(様式6)」を提出して、報告してください。

 ※キャンセルの場合は、金曜日までに学校に連絡(046-292-5612)をしてください。

 ※利用希望は、申請状況によってはご希望に沿えない場合があります。

6 守っていただきたいこと

 学校施設は、県民共有の財産です。皆さんが気持ちよく利用できるよう、また、児童・生徒たちの教育活動の妨げにならないように、次のことを守ってご利用ください。


(1)敷地内全面禁煙です。

(2)指定された利用施設以外の場所には、立ち入らないでください。

(3)学校施設内での喫食はしないでください。ただし、水分補給は適宜行ってください。

(4)ゴミは必ずお持ち帰りください。

(5)利用される団体の代表の方は、報告書・鍵等を受け取ってください。

(6)利用終了後は、利用施設の清掃を行い、利用設備等は元に戻すなど、施設利用前の状態に戻した後、報告書・鍵は所定の場所に入れてください。

(7)開放施設利用中の事故等、緊急時については各自対応してください。利用にあたっては学校と連絡を密にし、事故のないよう安全に努めてください。

(8)利用中の異常に気付いたときは、すみやかに警察等の関係機関に連絡してください。

(9)利用中に事故が起きた場合、または施設・設備・物品等が破損もしくは減失したときは、「(様式6)施設設備破損届」を提出していただくことになります。なお、利用団体等が利用中に施設・設備・物品等を故意または過失により破損もしくは減失したときは、これをすみやかに原状に復するための経費について、弁償の責任を負っていただきますので、あらかじめご了承ください。

(10)児童・生徒が利用する場合、利用責任者は学校施設への行き帰りに関しても複数での行動を呼びかけるとともに、集合、解散時間を予め定めるなど、安全策を講じてください。

(11)体育館の照明を利用する場合は、利用料を納付していただきますのでご了承ください。
   ※照明設備実費相当額は2時間440円、ただし2時間を超える場合、1時間毎に220円を徴収します。

7 問合せ先

神奈川県立えびな支援学校
   連携支援グループ 学校開放担当
電話 046-292-5612
FAX  046-292-5620

    

このページの先頭へもどる